お知らせ

タオルにまつわるエトセトラ

みなさん、お久しぶりです。

突然で恐縮なんですが、

ちょっとタオルの話していいですか?

治療中、患者さんの顔にかける

あのタオルです。

 

1カ月もブログさぼっといていきなり

タオルって何?

 

と思われるでしょうが

まぁ聞いて下さい。

 

ウチでは治療を終えた患者さんに

アンケートを書いてもらっているが、

僕は毎日必ずそれに目を通す。

大抵、いいことしか書かれていない

のだが、

ある日一枚のアンケートが目に

留まった。

 

「まさか…そんなバカな…」

 

令和始まって以来の衝撃を覚えた。

そこには確かにこう書かれている。

 

『タオルが使いまわしなのか…気になります』

 

当たり前だがタオルは朝イチで

洗濯したものを、

患者さんごとに替えて使っている。

断じて使いまわしなどしていない。

タオルだけじゃなく

ウチは滅菌関係も相当気を遣い、

全てのものを患者さんごとに替えて

いる。

 

しかし問題なのは、

事実はどうあれ患者さんが

 

使いまわしているのでは?

 

と不安に感じているということだ。

 

「…というわけだ。皆の衆、これは看過できない由々しき問題だ。何か心当たりはあるかね?」

「洗濯物が多過ぎて、乾燥が不十分なことはあるかもしれないですね。湿っぽくてそう思われたのかも。」

「確かにそれはあるかもしれないな。かといって追加で乾燥してたら間に合わないしな…。対策は?」

「洗濯機買い換える。」

「バカも休み休み言いたまえ。まだ2年しか使ってないぞ。他には?」

「そー言えば治療中に目がしぱしぱするって言ってた患者さんいらっしゃったよね?もしかしてタオルが関係あるのかな?」

「どーゆーことかね?」

「柔軟剤のアレルギーとか…考えられなくはないよね。」

「対策は?」

「洗剤と柔軟剤をオーガニックのものに変更するとか。ちょっと高いけど。」

「テメーら、黙って聞いてりゃ金のかかる事ばっかりじゃねーか!」

「でもこれだけ立て続けに問題になってんだから…何か対策しないと。」

「…うーむ。」

 

話し合いをまとめるとこうだ。

・毎日60枚以上のタオルを洗っているので、洗濯物が多い時は完全に乾ききっていない時がある。

・洗濯機から出した直後はホカホカしてるのでそれに気付きにくい。

・さらに我々は診療中グローブをしているのでタオルのコンディションに気付きにくい。

・診療中に水が飛んで、段々タオルが濡れてくる事があるが、我々はそれに気付きにくい。

・調べたところ、柔軟剤によるアレルギーは確かに有り得る。さらに柔軟剤の強い香りも刺激になり得る。

 

「うーむ…。タオルひとつとっても、掘り下げると我々が気付かない改善すべき点が出てくるものだな。ありがたいフィードバックを得た。」

「殿!ご決断を!!」

「…よし。洗濯機は買い替えて、乾燥機は別に追加で買おう。患者さんの安心と安全のためだ。それから洗剤と柔軟剤は、そのオーガナイズとやらに変更するぞ。」

「オーガニックね。」

 

まぁ、考えてみれば湿っぽいタオル

かけられたら

 

え?

 

ってなりますよね。

ましてや患者さんの安全のためと

あらば…

多少の出費は仕方あるまい_| ̄|○

 

 

というわけでして、近日中に、

無添加!タオルふんわり大作戦!!

を敢行しますんでお楽しみに。

 

 

 

ご予約・お問い合わせ
アクセス・診療時間